旦那のスマホのお気に入りに

給料が安い旦那は、スマホのヘビーユーザーで、ゲームばっかりやってて課金もしているので、とうとう没収しました。ただでさえ貧乏なうちなのに、何も残らない課金ゲームに時間もお金もつぎ込む旦那にブチ切れました。サファリのお気に入りをチェックすると、スピードキャッシングというサイトが入っていました。もしかして、お金を借りたんじゃないのかと思い、旦那に訊くと「借りてない。ただ、もしものためにブックマークしただけ」と言うので、まぁ信じることにしました。しかし、その1か月後、誰からか分からない封筒が旦那宛に届きました。普通はauとか公共料金の支払書が入った封筒なのですが、ひょっとしてこれはカードローンの契約書類じゃないかと疑いました。旦那が帰ってきて、その封筒を一緒に開けると、やっぱり・・・!モビットじゃないですか!ここから私はキレて記憶がありません。

水道光熱費はカード払いにしています

水道光熱費や通信費などの支払いは、出来る限りクレジットカード払いにしています。うっかり引き落とせない事故を防げるし、一年でポイントがたくさんたまるので、細かな節電や節水をするよりもずっと節約になります。どうせ払わなければならないものなら、支払い方で得をする方法を選んだほうが、手っ取り早く節約できます。また携帯電話料金や保険料など、月々の決まった支払いは「これ以上安くならない」と思いがちですが、プランの変更などでもっと安くならないか、少なくとも年に一度は検討して必要ならば変更します。

給料日に必要な経費を使ってしまうことが重要です

給料日になったら口座に振り込まれたお給料から必要なお金をおろしてしっかりと使ってしまうことです。旦那様へのお小遣いであるとか、絶対に買わなければならない物などの金額を給料日前にしっかり計算しておいて、給料日にすぐその分のお金を引き落とします。そしてできるだけすぐにきっちりと使ってしまうことでその月に残りどれだけ使えるかが把握できます。その中から、重要度の高いものから支払いを続けなるべく残金がでるように使っていけばやりくりできます。

毎月節約してやりくりしています

結婚してからずっと主人の給料でやりくりしているのですが、毎月ほぼ変動のない給料体系なので、予算は組みやすいと思います。固定費はあらかじめ把握しているので、食費や、雑費、その他の交際費などに振り分けて生活しています。急な出費に対応する為の変動費として、ボーナスなどを別の預金にしているので、その分のお金で対応することにしています。主人はサラリーマンなので、それほど余裕はないのですが、あらかじめ財形貯蓄で引かれているので、その分は貯められていますが、そこまで贅沢する余裕はないのが現実です。無駄な出費を省き、日々節約に励んでいます。