JCHOになって、良かった事は何も無い

2年前の春に、全国規模でJCHOグループが編成され、私が働いていた病院もJCHOグループの一員になりました。JCHOになってからというもの、職員を大事にするなんて事が一切ありません。辞めたければ、いつでもどうぞ。代わりはいくらでもいる。と言う表現をし、一緒に頑張ろうという姿勢が全くありません。病院が毎年赤字だったので、それを健全な経営にするためには必要な措置なのかもしれません。しかし、職員を投げ捨てるような態度では、問題は何も解決しませんよ。どんどん職員が辞めていきます。その穴埋めは、経験の無いパート職員です。質が一気に低下していきますし、残った職員には過度な仕事が分担されます。あんなに優しかった上司も、人が変わっていきました。もう、愚痴をこぼしながら仕事をするのも限界です。